今回の音のいいアルバムはイギリスの女性シンガー・ソングライター、Corinne Bailey Rae(コリーヌ・ベイリー・レイ)が2010年にリリースしたセカンドアルバム【The Sea】です。

私がコリーヌ・ベイリー・レイを初めて耳にしたのは、2006年当時FMから流れる彼女の声を聞いた時。「なんて素晴らしい歌声の持主なんだろう」というのが第一印象です。

早速デビューアルバムを購入すると、歌はもちろん、楽曲、アレンジ、サウンド作りの全てがクールで完成度が高く、それ以来コリーヌ・ベイリー・レイの歌と楽曲に魅了されています。

米国の実力派といわれる女性シンガーのように、声量や広い音域を持ち合わせているでもなく、テクニックをひけらかすような歌い方をするでもないコリーヌ。
しかしその柔らかく軽やかで、時にけだるく時にエモーショナルな彼女の歌には、リスナーにスっーと入り込んでいく唯一無二の表現力があります。

[frame align=”left”]

Corinne Bailey Rae The sea[/frame]

≪BIOGRAPHY≫
1979年2月26日 英リーズ生まれ、シンガー・ソングライター。ジャズ・クラブでの活動を経て2004年に英EMIと契約。2006年、26歳の時にデビューアルバム【Corinne Bailey Rae】を発表。エリカ・バドゥやノラ・ジョーンズなどを想起させるソウルフルでオーガニックな作風が話題となり、このアルバムは世界規模の大ヒット/ロングセラーとなり累計売上400万枚を記録。

≪グラミー賞実績≫
【第49回2007グラミー賞】主要三部門(最優秀新人賞、シングル「プット・ユア・レコーズ・オン」が最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞)ノミネート。
【第50回2008グラミー賞】シングル「ライク・ア・スター」が最優秀楽曲賞にノミネート。参加したハービー・ハンコックの『リヴァー~ジョニ・ミッチェルへのオマージュ』が最優秀アルバム賞、受賞。
[heading style=”1″]Corinne Bailey Rae
(コリーヌ・ベイリー・レイ) 【THE SEA】[/heading]

  

Corinne Bailey Rae(Producer, Composer, Guitar, Piano, Vocals), Steve Brown(co-producer), Steve Chrisanthou (Producer, Engineer), Tom Elmhirst(Mixing), Matthew Kettle(Engineer), Ray Staff(Mastering)

このアルバム制作中の2008年3月、サックス奏者である最愛の夫Jason Rae(ジェイソン・レイ)が鎮痛薬とアルコールの服用によるオーバードーズで事故死という悲劇に見舞われながらも、1年以上のブランクをおいて仕上げられた本作。

コリーヌ本人とSteve BrownとSteve Chrisanthouという2人の共同プロデュースのもと、リーズとマンチェスターで主に録音されたということです。

サウンド全体はハイファイというより、イギリスらしいとても太い音で、どちらかというとイナタイ系のサウンドです。かといってこもっているということではありません。

アルバム全体を通してドラムやベースの音がとてもカッコいいんですね。録り音が素晴らしいのか?ミックスが素晴らしいのか?どちらにせよコンプやアナログ機材の使い方が上手いんでしょう。ミュージシャンの演奏も。

このような音を作ると普通は、潰れて引っ込んでしまったり、変にパシパシいってペラペラ(平面的)なサウンドになったりするんですが、そんなことないんですね。
とても膨よかでファットなサウンドで、しっかりバウンドしてます。

エンジニアクレジットを見ればそれも納得。大御所が参加してます。

マスタリングはAir MasteringのRay Staff 。1970年代から伝説のトライデントスタジオで活躍し、デヴィッド・ボウイ「Aladdin Sane」「Ziggy Stardust」やエルトン・ジョン「Madman Across the Water」を始め、レッドツェッペリン、ローリングストーンズ、ミューズ、ザ・クラッシュなどを手掛ける大御所マスタリングエンジニア。Ray Staffのプロフィールや作品についてはこちら

ミックスはグラミー賞を何度も受賞している敏腕エンジニアTom Elmhirst。Tom Elmhirstのプロフィールや作品についてはこちら

1音1音こだわりぬいた音作りがなされていると感じます。しかもかなり音楽的。

前作であるデビューアルバム【Corinne Bailey Rae】に比べ、生楽器中心のどちらかというとシンプルなアレンジになったこの【The Sea】ですが、派手な楽曲も少ないですがアルバム全体を通しての統一感があり、コリーヌ・ベイリー・レイのメロディーメイカーとしてのセンスが光っています。

アルバム試聴

amazon

左の画像をクリックするとamazonの全曲試聴へ飛びます。

YouTube

【Are You Here】

【I’d Do It All Again】

【Closer】

【Paris Nights/ New York Mornings】


[button link=”http://www.ones-will.com/blog/cd-sound-good/” color=”#1111cc” size=”5″ style=”2″ dark=”0″ radius=”auto” target=”self”]録音の良いCD一覧はこちら[/button]

闇雲にボイストレーニングを続けても上達しない訳とは?

「あんなに音程や高音で悩んでいた私が嘘みたい。自信を持って歌える自分になれた。」レコーディングしてハッキリ分かったんです。自分のウィークポイントが。

録音した歌を聞くと、問題点が手に取るように分かります。間違いに気づかないままでは、いくら練習しても上達は望めません。

ワンズウィルのボイストレーニングは発声練習だけで終わりません。レコーディングして歌い方をチェック。だから「発声力と歌唱力」を同時に手に入れることが出来ます。

まずは体験レッスンであなたの歌をお聞かせ下さい。改善策をご提示いたします。申込は1分で終わります。

体験レッスンのご予約

05038253677 体験レッスン予約専用ダイヤル | ワンズウィルミュージックスクール

クリスマスキャンペーン【レッスン割引券10,000円】プレゼント|ワンズウィルミュージックスクール