先日、初心者のための《強弱記号》の続きで、今日は《速度記号》を書きたいと思います。

曲の演奏の速さ表示も数種類ありますので、これも頭に入れて頂きたく思います。

曲の速度用語 8段階 (全てではありません)

  • Presto (プレスト) ⇒ 急速に
  • Vivace (ヴィヴァーチェ) ⇒ かなり速く
  • Allegro (アレグロ) ⇒ 速く
  • Moderato (モデラート) ⇒ やや速く
  • Andante (アンダンテ) ⇒ 歩く位の速さ
  • Lento (レント) ⇒ ゆったり歩く速さ
  • Adagio (アダージョ) ⇒ 遅く
  • Largo <(ラルゴ) ⇒ ゆーっくりと

これ以外にも

  • accelerando(accel)) (アッチェレランド) ⇒ だんだん速く
  • ritardando(rit) (リトルダンド) ⇒ だんだん遅く

があります。

リトルダンドはバンド譜でもよく見かけますよね??「そこはリットしようか」など、曲のエンディングで良く言ったりしますよね。

更に

  • a tempo (ア・テンポ) ⇒ 元の速さに戻る
  • rubato (ルバート) ⇒ 自由な速さで
譜面の最初に速度表記で【♩=120】等と記載されている事がありますが、これはテンポ120(MM120)の意味で、1分間に4分音符が刻まれる回数です。

ちなみにですが、人間の心拍のテンポはリラックス時に80前後と言われています。

上記の用語も細かくはもっと沢山ありますが、取り急ぎよく見かけるものをあげたので、この12種類は頭に叩き込みましょう!

ワンズウィル 下田 義浩

Pro Tools・Logic の使い方や作曲・アレンジ・DTMでお困りの方へ

ソフトやパソコンが苦手でも初心者でも大丈夫。購入・インストール・使い方にいたるまで、ワンズウィルが責任を持って完全フォローいたします。あなたもDAWで必ず作曲や録音が出来るようになります。

ネットや解説書では分からないDTMの疑問をワンズウィルが即解決

まずはあなたのDTMのお悩みをお聞かせ下さい。申込は1分で終わります。

体験レッスンのご予約

05038253677 体験レッスン予約専用ダイヤル | ワンズウィルミュージックスクール

クリスマスキャンペーン【レッスン割引券10,000円】プレゼント|ワンズウィルミュージックスクール