以前、【初心者が覚えておきたい基本のコード理論】でも軽く触れましたが、今回はテンションコードについて簡単に説明したく思います。

テンションコードとは
3和音のコード(トライアド)や4和音のコード(テトラッド)に、もう1つ音を付け足したコードのことを言います。付け足した1つの音のことをテンションノートと呼びます。

※C7などはテンションコードとは呼ばず、テトラッドになります。

テンションコードは、4和音のテトラッドにテンションノートが付いているものが多いです。

テンションコードを構成するテンションノートの種類

コードを構成する上で基本となる音を「ルート」と呼びます。基本となる単純な3度構成のコードは、ルート(1度)の音から3度上と5度上が合わさります。

    テンションノートは主に9th、11th、13thの3種類があり

  • 9thの場合 ⇒ 『9♭9♯9』のノートがあり、
  • 11thの場合 ⇒ 『11、♯11
  • 13thの場合 ⇒ 『13、b13』があります。

  • 「C7(9)」 ⇒ 「レ」が「9th」
  • 「C7(b9) ⇒ 」「レ♭」が「b9th」
  • 「C7(#9)」 ⇒ 「レ♯」が「#9th」
  • 「Cm7(9)」 ⇒ 「レ」が「9th」
  • 「CM7(9)」 ⇒ 「レ」が「9th」

テンションとコードトーンを区別するために、ルートからのインターバル(間隔)が、2度は9th、4度は11th、6度は13thという表現をします。

テンションノートはコードトーンに解決しようとする働きがある。

C7(9)の場合は「ド・ミ・ソ・シ・レ」を弾く形になりますが、これを全て鳴らすのは意外と大変ですよね?

テンションノートはコードトーンに解決しようとする働きがあります。(テンションコードを使うのはこの性質を利用するためでもあります。)よって解決する先のコードトーンは鳴らさなくても成立します。

C7(9)のテンションノートの「レ」はコードトーンである「ド」に解決したい性質を持っているので、「ド」の音は押さえずに「ミ・ソ・シ・レ」だけを弾けばテンションコードとして成立します。

C7(9)(11)(13)の場合

  • ド ⇒ コードトーン
  • ミ ⇒ コードトーン
  • ソ ⇒ コードトーン
  • シ ⇒ (7th)コードトーン
  • レ ⇒ (9th)テンションノート ⇒ (ドに解決したい音)
  • ファ ⇒ (11th)テンションノート ⇒ (ミに解決したい音)
  • ラ ⇒ (13th)テンションノート ⇒ (ソに解決したい音)
  • テンションノートが解決したい先の「ド・ミ・ソ」は弾かず、「シ・レ・ファ・ラ」だけ弾けばテンションコードとして成立します。また、押さえる音の順番は展開して入れ替わってもOKです。

    つまり

    複雑なテンションコードも4つの音を鳴らせば成立する事になります。

    この点を理解したうえでテンションコードの押さえ方を覚えていけば、より速く身に付くと思います。是非参考にしてみて下さい。

    Pro Tools・Logic の使い方や作曲・アレンジ・DTMでお困りの方へ

    ソフトやパソコンが苦手でも初心者でも大丈夫。購入・インストール・使い方にいたるまで、ワンズウィルが責任を持って完全フォローいたします。あなたもDAWで必ず作曲や録音が出来るようになります。

    ネットや解説書では分からないDTMの疑問をワンズウィルが即解決

    まずはあなたのDTMのお悩みをお聞かせ下さい。申込は1分で終わります。

    体験レッスンのご予約

    05038253677 体験レッスン予約専用ダイヤル | ワンズウィルミュージックスクール

    クリスマスキャンペーン【レッスン割引券10,000円】プレゼント|ワンズウィルミュージックスクール