倍音」という言葉を耳にする機会があると思いますが、今日は「コードと倍音の関係」について簡単に説明したいと思います。

CやG等のコードの響きが美しく聞こえるのには、実はキチンとした理由があるんですね。

倍音とは
音は、ひとつの音として聞こえる場合でも、さまざまな音が含まれており、鳴らした音以外にも整数倍の周波数を持つ音の成分を含みます。この音を倍音と言います。
つまりピアノ等で音を鳴らした時、鳴らした音(基音)の上に高い音が同時にいくつも鳴ります。  その高い音は基音の周波数の2倍、3倍、4倍、5倍・・・・の音になっています。この音が倍音です。※高調波(第2高調波、第3高調波など)と呼ぶ場合もあります。

周波数については以前のブログ【EQのための基礎知識 ~身近な音の周波数~】で触れていますので、そちらをご参照ください。

例えば、『ド(C3)=周波数261.5Hz』の音を強くポーンと弾くと、その音の周波数の2倍、3倍、4倍、5倍・・・・の音が同時に重なるということです。

  • 2倍音は1オクターブ上のド(C4)=523Hz
  • 3倍音はその上のソ(G5)=784.5Hz
  • 4倍音はその上のド(C5)=1046Hz
  • 5倍音はその上のミ(E6)=1307.5Hz
  • 6倍音はその上のソ(G6)=1569Hz
  • 7倍音はその上のシ♭(B♭6)=1830.5Hz
  • 8倍音はその上のド(C6)=2092Hz
  • 9倍音はその上のレ(D6)=2353.5Hz
  • 10倍音はその上のミ(E6)=2615Hz

これを見てわかるように、倍音を重ねていくと『ド』の音の中にも『ミ、ソ、シ♭』といった『Cのコード(C7)』を構成している音の周波数も含まれているのです。

同様に『ミ』の場合にも『ソ♯、シ、レ』といった『Eのコード(E7)』を構成している音の周波数も含まれます。

つまり

倍音にはコード構成音が必ず含まれているのです。

3和音のコード(トライアド)や4和音コード(テトラッド)の響きが奇麗に整って聴こえるのは、

コード構成音がルート音の倍音成分に含まれているから

です。豆知識として覚えておいて下さいね。

Pro Tools・Logic の使い方や作曲・アレンジ・DTMでお困りの方へ

ソフトやパソコンが苦手でも初心者でも大丈夫。購入・インストール・使い方にいたるまで、ワンズウィルが責任を持って完全フォローいたします。あなたもDAWで必ず作曲や録音が出来るようになります。

ネットや解説書では分からないDTMの疑問をワンズウィルが即解決

まずはあなたのDTMのお悩みをお聞かせ下さい。申込は1分で終わります。

体験レッスンのご予約

05038253677 体験レッスン予約専用ダイヤル | ワンズウィルミュージックスクール

クリスマスキャンペーン【レッスン割引券10,000円】プレゼント|ワンズウィルミュージックスクール