オリジナル楽曲等の譜面を自分で書く時、まず最初の難関が『♯』や『♭』でその曲の調(キー)を記す事です。

以前、曲の調(キー)を知るための呪文の記事で「ファドソレラミシ」「シミラレソドファ」という呪文を覚えると、

  • # 記号の順番「ファドソレラミシ」
  • ♭記号の順番「シミラレソドファ」
  • この数によって瞬時に【その曲の調(キー)】を知る事ができます。

という説明をしました。

しかし、オリジナル曲の譜面を自分で書く場合、『♯』や『♭』の数もわからないので上記の呪文も使えません。

今日は譜面を自分で書く時に便利な【譜面の調(キー)の早見表】をご紹介したく思います。

まず、譜面を書くにはその曲の調(キー)が分からないと始まりませんので、調(キー)を知るための簡単な方法を説明したく思います。

楽曲の調(キー)はほぼ、Aメロの出だしのコードで決まる

例外もありますが、

    ほとんどの楽曲の調(キー)は

  • Aメロの出だしのコードになります
  • Aメロの出だしのコードと、イントロの出だしのコード同じであれば、99%そのコードが調(キー)になります。

※今日はあくまでも、自分でオリジナル楽曲の譜面を書くためにという趣旨で話を進めますので、上記の説明に当てはまらないような特殊な楽曲には用いれません。

楽曲の調(キー)がわかったら、下の表で『♯』や『♭』の数を確かめて譜面の最初の音部記号(表はト音記号)の横に同じように記して下さい。

※音部記号については初心者のための【音部記号】をご参照下さい。

これで簡単に調(キー)を記す事ができます。

【譜面の調(キー)の早見表】

長調(メジャーキー)

【長調(メジャーキー)(♯編)】

【長調(メジャーキー)の早見表(♯編)】

【長調(メジャーキー)(♭編)】

【長調(メジャーキー)の早見表(♭編)】

短調(マイナーキー)

【短調(マイナーキー)(♯編)】

【短調(マイナーキー)の早見表(♯編)】

【短調(マイナーキー)(♭編)】

【短調(マイナーキー)の早見表(♭編)】

この表が無くても、曲の調(キー)を知るための呪文で説明した『♯や♭の数で調(キー)を簡単に割り出す方法』を逆算すれば、おのずと『♯』や『♭』の数も分かります。

ただ初心者にはやや難しいので、まずは上記の表を参考にしてみて下さい。

Pro Tools・Logic の使い方や作曲・アレンジ・DTMでお困りの方へ

ソフトやパソコンが苦手でも初心者でも大丈夫。購入・インストール・使い方にいたるまで、ワンズウィルが責任を持って完全フォローいたします。あなたもDAWで必ず作曲や録音が出来るようになります。

ネットや解説書では分からないDTMの疑問をワンズウィルが即解決

まずはあなたのDTMのお悩みをお聞かせ下さい。申込は1分で終わります。

体験レッスンのご予約

05038253677 体験レッスン予約専用ダイヤル | ワンズウィルミュージックスクール

クリスマスキャンペーン【レッスン割引券10,000円】プレゼント|ワンズウィルミュージックスクール