本日の「録音の良いCD」は、ブラジリアン・ミュージックのCelso Fonseca(セルソ・フォンセカ)です。

セルソフォンセカは母国ブラジルでは、ギタリストとしてジルベルト・ジル、カエターノ・ヴェローソ、ミルトン・ナシメントをはじめ数多くのトップ・アーティストのレコーディング/ツアーに参加。

また、プロデューサーとしてもジルベルト・ジル、ガル・コスタ、ダニエラ・メルクリらを手掛け、数々の傑作を生み出している方です。

celso fonseca(セルソ・フォンセカ) 【Rive Gauche Rio】

【Rive Gauche Rio】は2005年に発売された6枚目のアルバムで、内容的には現代の要素を取り入れてはいますが、正当派ボサノヴァサウンドといったところでしょうか。

メロディーと歌が素晴らしく、さすが実力者セルソフォンセカといった感じです。ガッドギターの音もとても良く、演奏も見事です。

このアルバムも、音楽プロデューサーの中野雅仁氏から「中山さん、とにかくサウンドが太くて厚みがあり、凄く音がいいので聴いてみて」とススメられて購入したアルバムです。

ガッドギターがとても存在感がある音で、ベースも太く、ヴォーカルの音像もとてつもなく大きいです。パーカッションの音もリアルで深みがあります。

2曲目「Por Acaso, Pela Tarde」 8曲目「Bela」のWood Bassの太さは凄い

特に、この2曲のWood Bassの音の太さはヤバいです。安いコンポではとうてい再生しきれない低音です。

スタジオでは標準のモニタースピーカー YAMAHA NS-10なんかでもまったく駄目ですね(笑)

話はそれますが、プロの世界ではもう少しスタジオのモニタースピーカーの選定を考えた方がいいと感じています。音を作っているのに、全ての音域をきちんと再生しきれないスピーカーを使っているからです。これはまた別の機会に書こうと思います。

11曲目の「My Broken Heart」のガットギターと歌

話を戻すと、11曲目の「My Broken Heart」のガットギターと歌は、まるでそこで演奏しているようにリアリティーがある音です。

ブラジル録音、ベルギーでのミックス・マスタリング、おそるべし

クレジットを見ると、録音はブラジルのリオデジャネイロ、ミックスダウンはベルギーのブリュッセル、マスタリングは同じくベルギーのリールで行っているようです。

音楽はアメリカ、イギリスでレコーディングというのが一般的だと普通は思いますよね。でもこんな素晴らしい音をブラジルやベルギーで制作しているんです。

一つ一つの楽器をきちんと良い音で録音して、マスタリングも音の厚みを重視した仕上がりを想定しているのだと思います。もちろんそのためには元の演奏が良いことが条件になると思いますが。

ストリーミングやmp3、You Tubeだと、この低音感とか音の太さは分かりにくいと思いますので、是非CDで聴いていただきたいです。

アルバム試聴

全曲を試聴する ⇒ Celso Fonseca【Rive Gauche Rio】

ワンズウィル 中山 雅生

闇雲にボイストレーニングを続けても上達しない訳とは?

「あんなに音程や高音で悩んでいた私が嘘みたい。自信を持って歌える自分になれた。」レコーディングしてハッキリ分かったんです。自分のウィークポイントが。

録音した歌を聞くと、問題点が手に取るように分かります。間違いに気づかないままでは、いくら練習しても上達は望めません。

ワンズウィルのボイストレーニングは発声練習だけで終わりません。レコーディングして歌い方をチェック。だから「発声力と歌唱力」を同時に手に入れることが出来ます。

まずは体験レッスンであなたの歌をお聞かせ下さい。改善策をご提示いたします。申込は1分で終わります。

05038253677 体験レッスン予約専用ダイヤル | ワンズウィルミュージックスクール
入学金無料キャンペーン | ワンズウィルミュージックスクール
初心者 カラオケ上達 コース