最近ではソフトシンセを使った音楽制作が主流になっていますが、MacBook Airなどでソフトシンセを複数使用する場合は、メモリやCPUへの負担などの問題が生じてしまいます。

僕も簡単なアレンジ作業の場合は、Pro Tools ExpressをMacBook Airで使用していますので、毎度この問題に直面しています。

Pro Toolsの動きが遅くなったり、プリーズしたり…、ソフトシンセが立ち上がらなかったり…、最後はPro Toolsが落ちてしまったり…、イライラ~な感じです。

そこで、CPUへの付加を極力減らすために、外部MIDI音源を積極的に使用するようにしてるんですね。

ハードウェアのMIDI音源を使うメリットとしては

  • 安定性が高く個性的な音色が多い
  • 何よりCPUへの負担が少ない

があります。

今日はPro Tools Expressで外部MIDI音源を鳴らす方法を説明したいと思います。(通常バージョンのPro Toolsでも、設定方法は同じです。)

あらかじめ、打ち込み用のMIDIキーボード(PC-200mkII)が接続されている状態からの説明になります。MIDIキーボードの接続方法はこちらを参照ください。
【初心者のためのPro Tools Expressの使い方 〜ソフトシンセの立ち上げ方法〜】

Pro Tools ファミリー 〜実売価格〜

Step1. MIDIスタジオを開き、MIDI機器を結線する

1.外部MIDI音源をMIDIケーブルでM-Boxと接続した後に、Pro Toolsを起動します。

2.Pro Toolsの上部バーの“設定”から“MIDIスタジオ”を選択し、“Audio MIDI設定”を表示させます。

3.Audio MIDI設定の上部バーの“ウィンドウ”から“MIDI ウィンドウを表示”を選択し、“MIDIスタジオ”を開きます。

MIDIウィンドウを表示を選択
4.MIDIスタジオの上部バーから“装置を追加”をクリックし、

MIDIスタジオ
※ 画像左下のPC-200mkIIはあらかじめ接続していたMIDIキーポード
5.ウィンドウ内に“新しい外部装置”を表示させます。

装置を追加をクリックし外部MIDI音源を表示
6.“新しい外部装置”をダブルクリックし、プルダウンメニューから“装置の製造元”“機種”選びます。(今回は、製造元:Korg、機種:Triton-Rackを選択)

すると自動的に、“装置名”に機種名が表示されます。

MIDI機器の製造元、機種を選択
7.下図のように、作成した『Triton-Rack』が、MIDIスタジオの画面に表示されます。

しかしこの状態ではまだ、『MBox』と『Triton-Rack』がPro Tools Express上で結線されておりません。

写真のように、“MBoxのMIDI出力端子マーク▼”から、“Triton-RackのMIDI入力端子マーク▼”へ、マウスのクリックの長押しで線を繋ぎ、結線を行ないます。

MIDI機器を結線する
これでPro Tools Express上でもMIDI音源を結線することが出来ました。

Step2. MIDIトラックを作成する

外部MIDI音源を鳴らすには、MIDIトラックを使います。作成手順は以下の通りです。

1.トラックメニューから“新規…”を選び、“新規トラックダイアログボックス”を表示させます。

新規トラックを作成
2.ここではトラック数を“1”、トラックの種類として“MIDIトラック”を選択し、“作成ボタン”をクリックして、“新規MIDIトラック”を作成します。

MIDIトラックを作成
これでMIDIトラックが出来あがりました。

Step3. MIDIトラックの入力/出力とチャンネルを設定する

次にMIDIトラックの入出力とチャンネルを設定します。

ミックスウィンドウ(または編集ウィンドウ)のI/Oビューで、MIDIトラックの”入力元と出力先”をクリックし、表示されるメニューから”各種MIDIデバイス”を選びます。

入力元をすべてに選択

入力元は通常、メニューから“すべて”を選んでおくと良いです。(ALLと表示されます。)

こうしておけば、接続されたMIDI機器から全てのMIDIチャンネルを受信します。

外部MIDI音源とそのチャンネルを選ぶ

出力先には、
MIDIスタジオ設定で接続/認識させた
”MIDI音源”(Triton-Rack)と
その”チャンネル”を選びます。

Step4. MIDI音源とM-Boxをシールドで繋ぐ

MIDI音源(Triton-Rack)の“出力端子L-R”から、M-Boxの“Mic/Line入力01と02”へシールドで接続します。

Auxトラックの出力をA1-2に選択

Pro Tools上で“Auxトラック”を作成し、I/O設定で入力と出力を“A1-2″に設定します。

これでMIDI音源(Triton-Rack)の音が、ProTools上でモニターできるようになりました。

Step5. 外部MIDI音源を演奏する

MIDI音源(Triton-Rack)を鳴らすには、編集ウィンドウ(またはミックスウィンドウ)“MIDIトラック”を選択し、接続したキーボードを演奏します。

またMIDIトラックにMIDIデータを入力すれば、MIDI音源(Triton-Rack)が演奏されます。

これでCPUへの負担が少なく、余計なストレスなく、様々な音での音源制作が可能になります。MIDI音源をお持ちの人は是非活用してみて下さい。

Pro Tools・Logic の使い方や作曲・アレンジ・DTMでお困りの方へ

ソフトやパソコンが苦手でも初心者でも大丈夫。購入・インストール・使い方にいたるまで、ワンズウィルが責任を持って完全フォローいたします。あなたもDAWで必ず作曲や録音が出来るようになります。

ネットや解説書では分からないDTMの疑問をワンズウィルが即解決

まずはあなたのDTMのお悩みをお聞かせ下さい。申込は1分で終わります。

体験レッスンのご予約

05038253677 体験レッスン予約専用ダイヤル | ワンズウィルミュージックスクール

クリスマスキャンペーン【レッスン割引券10,000円】プレゼント|ワンズウィルミュージックスクール