ボーカルのメロディーラインに対して綺麗にハモって歌う(コーラス)には、少し音楽的技術が必要になってきます。

今日は、初心者の方が一番簡単にメロディーをハモれるようになるための練習方法を紹介したく思います。

ハモりの基本は、メロディーに対して
3度下、もしくは3度上の音程をとることです。
コーラス-ハモリ-3マイク

一番簡単にメロディーをハモる方法は?

こちらの練習方法は簡単な打ち込み機材(DAWソフト)が必要になります。

  1. コーラスでハモリたい部分のメロディーラインを打ち込みます。
  2. 打ち込んだメロディーに対して3度下、もしくは3度上で並行的にコーラスラインを打ち込みます。
    ※どちらか1つご自身の音域に合う方を選んで下さい。
  3. この状態で再生をしてみると、どこか音が濁ってしまう部分があると思います。
    その濁って聴こえる音を、半音から全音上下にずらしてみて、綺麗に聴こえる音程に直します。

    ※メジャーコード、マイナーコードの差で長3度、短3度と微妙に音の配置が変わりますのでこのような調整が必要になります

    また、Cの『ド、ミ、ソ』という単純な3度づつの3音構成のコードでも、転回することで『ミ、ソ、ド』となり、3度の部分だけでなく4度離れた部分も出てきますので、響きを頼りに修正しましょう。

    この行程を繰り返すことで、綺麗なハモりパートが出来上がります。

  4. このハモりパートを何度も何度も再生しながら歌って覚えます。
  5. ハモりのラインを覚えてきたら、メロディーに合わせて歌う練習をしましょう。

コーラスラインを考えるのに、最初は時間がかかるかもしれませんが、慣れてくるとすぐに出来るようになります。

そして練習を繰り返せば、初心者でも綺麗にハモれるようになりますので、ぜひ試して頂きたいと思います。


また、

  • コーラスグループを組んで、複数人で美しいハーモニーを奏でたい
  • コーラスを一人多重録音でやってみたい
  • 洋楽のソウルやR&Bのように、オーバーダビングで「サビ」に重厚なコーラスを入れたい

コーラスグループ・コーラスアレンジ・コーラスワーク

という場合は、
コーラスワークも複雑になり理論の勉強が必要になってきます。

当校の講師には、音楽業界でも一目置かれているコーラスワーク・コーラスアレンジのスペシャリストも在籍しております。

「コーラスに関して困ってる・・」
「コーラスに関して学びたい」

と言う方はお気軽にご相談してみて下さいね。

きっと良いアドヴァイスが出来ると思います。

それでは。


こちらの記事もご覧ください。
【ハモリ方には2パターンある ~メインボーカルにピッタリ合わせた方がイイのか?~】


闇雲にボイストレーニングを続けても上達しない訳とは?

「あんなに音程や高音で悩んでいた私が嘘みたい。自信を持って歌える自分になれた。」レコーディングしてハッキリ分かったんです。自分のウィークポイントが。

録音した歌を聞くと、問題点が手に取るように分かります。間違いに気づかないままでは、いくら練習しても上達は望めません。

ワンズウィルのボイストレーニングは発声練習だけで終わりません。レコーディングして歌い方をチェック。だから「発声力と歌唱力」を同時に手に入れることが出来ます。

まずは体験レッスンであなたの歌をお聞かせ下さい。改善策をご提示いたします。申込は1分で終わります。

体験レッスンのご予約

05038253677 体験レッスン予約専用ダイヤル | ワンズウィルミュージックスクール

クリスマスキャンペーン【レッスン割引券10,000円】プレゼント|ワンズウィルミュージックスクール