先日、【初心者のためのプラグイン(エフェクト)の基本的な掛け方】という記事を書きましたが、今日はプラグインの基本的なセッティング方法をPro Tools画面の画像を用いてもう少し具体的に説明したく思います。

プラグインの使用方法を大まかに分けると

  • センド・リターン ⇒ 空間系エフェクト(リバーブ、ディレイ等)
  • インサート ⇒ コンプやEQ、その他ほとんどのエフェクト

Aux(オグジュアリ)やBus(バス)でエフェクトに送り、原音にエフェクト音を混ぜる方法

原音自体にエフェクト音を直接掛ける方法

センド・リターンの設定方法

空間系エフェクトは原音の一部をBus(バス)でAux(オグジュアリ)に送り、そのAuxにリバーブを掛けます。

リバーブ用にAUX(オグジュアリ)トラックを作成します。トラック名はRev。 Clickで拡大
Clickで拡大

リバーブ用にAUX(オグジュアリ)トラックを作成(トラック名はRev) 

1.まず左図の様にリバーブ用Auxトラック(画像一番右のトラック)を作成します。トラック名はRevとします。

Auxトラック作成方法(トラック → 新規 → Aux入力 → 作成)

2.画像一番左のLead Voxトラックのセンド A-Eの部分に、Busで送るチャンネルを割り当てます。※画像ではBus1を選択しています

3.受ける側のリバーブトラックのI/OBus1を割り当てます。

これでセンドA-EからLead VoxがBus1で送られ、リバーブトラックのBus1で受ける形が出来上がりました。

次に、掛けたいリバーブの種類を選び、Auxトラック(トラック名Rev)にリバーブをインサートします。(今回はD-Verbを選定)

AUX(リバーブ)トラックにリバーブをインサートする。Clickで拡大
Clickで拡大

AUX(リバーブ)トラックにリバーブをインサートする

Lead Voxトラックにリバーブをどれだけ掛けるかは、ご自身の耳で確かめながらBusで送る分(センドレベル)をフェーダーで調整して、リバーブトラックのOUT PUTレベル(リターンレベル)もフェーダーで調整して下さい。

これでLead Voxトラックにセンド/リターンでリバーブを掛ける行程が完了です。

EQやコンプなどのインサート方法

続いて、コンプやEQ、その他ほとんどのエフェクトで使用するインサートですが、これは下の画像の様にプラグインを掛けたいトラックのインサートA-E部分に直接掛けます。

Lead Vox トラックにEQとコンプをインサート。Clickで拡大
Clickで拡大

AUX(リバーブ)トラックにリバーブをインサート

画像では”EQ7B”というEQと”BE76″というコンプレッサーを、Lead Voxトラックにインサートしました。

EQとコンプの掛ける順番はエンジニアによっても様々で、基本的にはどちらが先でもOKです。(掛ける順番、状況によって音質は変わります。)

これでLead VoxチャンネルにEQ、コンプ、リバーブを掛けることができました。

リバーブやEQ、コンプはさらにそれぞれ細かな設定が必要ですが、今日は「基本的なセッティング方法」という事で省かせて頂きます。

画像を交えての説明をしましたが、センド/リターンとインサートは理解してしまえば簡単なので是非覚えて下さいね!

ワンズウィル 下田 義浩

Pro Tools・Logic の使い方や作曲・アレンジ・DTMでお困りの方へ

ソフトやパソコンが苦手でも初心者でも大丈夫。購入・インストール・使い方にいたるまで、ワンズウィルが責任を持って完全フォローいたします。あなたもDAWで必ず作曲や録音が出来るようになります。

ネットや解説書では分からないDTMの疑問をワンズウィルが即解決

まずはあなたのDTMのお悩みをお聞かせ下さい。申込は1分で終わります。

体験レッスンのご予約

05038253677 体験レッスン予約専用ダイヤル | ワンズウィルミュージックスクール

クリスマスキャンペーン【レッスン割引券10,000円】プレゼント|ワンズウィルミュージックスクール