以前、【【コンプレッサーの具体的な使い方②】でコンプには

  • 主にギターやピアノに使用する「音をパキパキ」にする設定
  • バスドラム、スネア等に使用する「音を潰す」設定

の2種類の設定がある事を書きましたが、今日はVocalの設定について書きたいと思います。

※コンプの各設定については【コンプの具体的な使い方① ~5つの設定~】をご覧ください。

ボーカルにかけるコンプはアタックタイムとリリースタイムの設定が肝

コンプをかけることでボーカルの音質がこもってしまった という経験もあると思いますが、これにはアタックタイムリリースタイムの設定値が大きく関わってきます。

よくボーカルのコンプレッサーの設定でレシオとスレッショルドの値は気にしますが、ATTACKとRELEASEの設定についてはさほど気にしない、、もしくはあまり分からないから設定値はデフォルトのままって人が多いようです。

ボーカル録音時のコンプ設定は「アタックは遅く、リリースは早く」が基本

≪Vocalをこもらせないようにするコンプレッサーの設定≫

  • アタックタイムを遅く
  • リリースタイムを速く

にする事です。

  • アタックタイムを遅くする → 声の芯を残すことができます
  • リリースを早める → 音圧をおさえたい最小限の範囲のみをコンプレッションすることができる

このようにすることで、より自然な音質に仕上がります。

下の写真は先日のボーカルレコーディングの時、実際におこなったUniversal Audio 1176のコンプの設定です。

ATTACKとRELEASEに注目して下さい。

ボーカル録音時のコンプ設定-1176

是非「アタックは遅くリリースは早く」 を念頭に置きVocalの音作りに生かしてみて下さい。

Pro Tools・Logic の使い方や作曲・アレンジ・DTMでお困りの方へ

ソフトやパソコンが苦手でも初心者でも大丈夫。購入・インストール・使い方にいたるまで、ワンズウィルが責任を持って完全フォローいたします。あなたもDAWで必ず作曲や録音が出来るようになります。

ネットや解説書では分からないDTMの疑問をワンズウィルが即解決

まずはあなたのDTMのお悩みをお聞かせ下さい。申込は1分で終わります。

体験レッスンのご予約

05038253677 体験レッスン予約専用ダイヤル | ワンズウィルミュージックスクール

クリスマスキャンペーン【レッスン割引券10,000円】プレゼント|ワンズウィルミュージックスクール